教育に適する本について

教育 本

教育 本について

教育に適する本について

教育には、どのような本が適しているのでしょうか。
今回は、具体例を挙げていきながら説明したいと思います。
 私が紹介するのは、本というより作者なのですが、星新一という人です。
星新一は「ショートショート」という短い物語のパイオニアです。
私が星新一を好きな理由は、二つあります。
 一つ目は、物語が短いので、文章が嫌いな子供も楽しめるという点です。
もしこれを読んでいるあなたに子どもがいたり、あなたが教師だったりするならば、子どもに読み聞かせると良いかもしれません。
 二つ目は、短い物語ですが、最後にはしっかり「落ち」が存在するという点です。
子どもには分かりにくい表現や落ちがあるかもしれませんが、それを子どもに考えさせると、落ちを考える「想像力」、分かりにくい表現でもそれを大人に「これどういう意味なの」と聞いたり、辞書で引いたりする「探究心」などが養われます。
 これを通して私が言いたいことは、教育には文章が嫌いな子供のためには、まずは「文章が短い」ものから読み聞かせたり、読ませたりすること。
また、想像力、探究心など、子どもが考えさせられるような本を使うこと。
子どもが早いうちから文章に慣れることで、知識、能力で将来有利になります。

ピッコラエウロパで
一緒にイタリア語を楽しく学びましょう

キャビンアテンダント 英語
専門授業を受けませんか?

栄養士専門学校目指すなら佐伯学園

ギターはプロと一緒に学びましょう!

教育 本関連情報

教育における本の役割について

教育を論じる際にまず取り上げられるのは、学校などの機関の質やプログラムの内容です。
正規の学校

小さい頃の習慣が本とともに歩む人生か決まる

人生の中で本との出合いは人との出会いと同じ位貴重なものです。
知識を与え、語彙を増やし、感性を

教育における読書習慣のメリットについて

教育において普段の生活で取り入れたいのが読書習慣です。
小中学校では読書習慣を見につけるために

最新の教育 本