小さい頃の習慣が本とともに歩む人生か決まる

教育 本

教育 本について

小さい頃の習慣が本とともに歩む人生か決まる

人生の中で本との出合いは人との出会いと同じ位貴重なものです。
知識を与え、語彙を増やし、感性を養ってくれます。
文章を読むことで、悩みが解決されたり、癒されたりすることもあるでしょう。
そこで、本との出会いの為には、どれだけ読書を好きになれるかということが重要です。
幼い頃から接する機会を作ることで、人は読むことに対して親しみを持つようになります。
抵抗感を生まないように、幼い頃から生活の中に自然に読書の習慣が溶け込んでいる環境を作り上げるようにします。
1才頃から最低でも小学校の低学年までは毎日の読み聞かせを欠かさず行いましょう。
あらゆるジャンルのものを選び、ともに怖がり、泣き、笑い、楽しむようにします。
そうすることで、読む事は楽しいと感じるようになります。
後は勝手に読むようになります。
小学校にあがったら、国語辞典の引き方を教えます。
いつもリビングに置いておき、テレビで聞いた知らない言葉を引かせ、その意味の書いたページに、言葉を書いた付箋を張り付けるよう伝えます。
辞書にどんどん付箋が貯まる様が楽しく、みるみる語彙を増やしていきます。
そうすると文章を読んでも意味がわかるようになり、また楽しくなっていくのです。
子どもに読ませる事を強要したり、教育するのではなく、自分から読むように仕向けていくことです。
継続した読書習慣を作り、本が人生の友達として心強い味方となり、人生を実りあるものにしてくれます。